高野山麓ツーリズムビューロー

国の登録有形文化財・明治大正期建築の旅館、「葛城館」。木造3階建てのガラス張りからは、庚申山と築100年以上の「高野口駅」が望めます。

聖地高野山への参詣へ至る宿場として、多くの参詣客が葛城館に立ち寄り、足を休めました。

 

葛城館は多くの参詣客を迎え、見送ってきました。現在は営業していませんが、高野参詣の玄関口にふさわしい堂々とした佇まいを残しています。

内部も、落ち着いた雰囲気を漂わせる風情が維持されており、今も昔も変わらぬ葛城館の「おもてなし」を思わせます。
ふだんは、中に入ることは出来ませんが、イベントの折には特別開館等がございますので、ぜひお立ち寄りください。

住所:和歌山県橋本市高野口町名倉1053
JR高野口駅降りてすぐ