高野山麓ツーリズムビューロー

葛城二十八宿の一部や、役行者が開いたお寺をご紹介します。

大澤寺

さかのぼること1300年ほど前に創建された大澤寺は古くから“目の薬師”、また紅葉の名所として親しまれてきました。
 
人里離れた境内は四季折々の花が咲き森から鳥の声だけが響き渡り、
まるで時が止まったかのような静けさに包まれています。

詳細情報・周辺観光スポット

行者杉

ダイヤモンドトレールの通過点として親しまれています。
杉の木のすぐ横には役行者を祀った祠があり、付近には葛城二十八宿という経塚があります。

詳細情報・周辺観光スポット

堀越癪観音

癪(しゃく)と呼ばれる、激しい腹痛の病に霊験あらたかである、ということで他府県からの参拝者も多いそうです。本堂には本尊の十一面観世音菩薩がお祀りされています。本堂正面には役行者の像が建てられています。境内には県指定の天然記念物の樹齢200年を越えるさざんかの老樹があります。また本堂の前の銀杏の大木が、秋には美しく色づき、参拝者の目を楽しませてくれます。

詳細情報・周辺観光スポット

不動山の巨石

橋本市の北側、大阪府との府県境近くの山奥に、4~5m大の巨岩を中心に大小十数個の巨石群があります。
もっとも西側の石の側面には、直径20cm程の穴があいていて、耳をあてると「ゴー」と云う音が聞こえ「この世の音」「あの世の音」「紀の川の音」などが聞こえるとして、日本の音風景100選に選ばれています。
周辺の岩は、丸い小石や貝の化石を含む堆積岩が隆起したもののようです。
和泉~大和に連なる葛城の山中には、点々と修験道の霊場、葛城二十八宿と呼ばれる霊地が続いています。その程近くにある当地も役行者が葛城山から金峰山に岩橋を架けようとして一言主神に集めさせたという伝承が残っています。

詳細情報・周辺観光スポット

小峯寺

役行者が修練し、開祖したと言われているお寺です。

3月の初め、大護摩祈祷が山伏とともに営まれ、その護摩を焚いた灰の上を、素足で火渡りも行う。

世界遺産の大峯山に対して小峯寺と名付けられたそうです。

葛城二十八宿と密接な関係がある。

詳細情報・周辺観光スポット

一本杉

一本杉について、「紀伊続風土紀」には、かつて楠公(楠木正成)が遠見をして鏡を埋めたとの記述があります。山中にはこの鏡を埋めた小さな井戸があって、「雨蓋」という石で覆いがされていたとのことです。地元では雨乞いの儀式の際にこの「雨蓋」を取り除き水面が見えると、雨が降ると伝わります。

祠には、弘法大師が印度から呼び寄せた水神である善女竜王が祀られています。修験道の聖地でもあります。「一本杉」の名はこの祠の北側に杉の大木があったことによります。(昭和初期の台風で枯れ、現在は2代目です。)

詳細情報・周辺観光スポット